かんたんパターン表現「〜って書いてあるよ」をマスターしちゃおう【英会話をはじめよう!】


YouTubeにアップしている動画の内容をまとめました。フレーズを確認したいときなど、動画とともに役立ててくださると嬉しいです。

“say”と言えば「言う」ですよね。
ですが今回は「書いてある」という意味の”say”を、例文を通して一緒にみていきたいと思います。

「say=書いてある」というのも、初めはイメージが作りにくいかもしれませんが、この動画を通して一緒にたくさん使って、慣れていっちゃいましょう!

「say=書いてある」の基本的な使い型

使い方(パターン)は

〜と書いてある
It says 〜.

例えば文章にすると

進入禁止って書いてある
It says don’t enter here.

というようにIt saysのあとに書いてある情報をそのまま伝えればOKです。

英語のテキストや文法のテキストを見ると、”it”の部分を変化させてこんな表現をみることもあります。

手紙に〜と書いてある
The letter says 〜
本に〜と書いてある
The Book says〜.
標識に〜と書いてある
The sign says 〜.

これらの文章もけっして間違いではないのですが、少し固く聞こえてしまうので、こんな風に使うとよりナチュラルに表現できます。

手紙に〜と書いてある
It says 〜 in the letter. もしくは In the letter, it says 〜.
本に〜と書いてある
It says 〜 in the book. もしくは In the book, it says 〜.
標識に〜と書いてある
It says 〜 on the sign. もしくは On the sign, it says 〜.

「say=書いてある」を使った具体的なフレーズ

では例文を通してより具体的に学んでいきましょう。

標識にストップって書いてある
It says stop on the sign.
レシピには砂糖スプーン2杯って書いてある
It says two spoonfuls of sugar on the recipe book.
ホームページに10時って書いてある
It says at 10 o’clock on their website.
RisaT
Let’s practice the phrases in a chants together☆
ぜひ動画と合わせてチャンツ練習してみてください!
ルールに沿った表現でない場合もございますが、慣用的に使われているものはそのまま使わせて頂いております🙇‍♀️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA