「〜しよう」「〜しなきゃ」をマスター【ほぼ英語で学ぶかんたんパターン表現】(日本語・英語字幕ON/OFF可)


YouTubeにアップしている動画の内容をまとめました。フレーズを確認したいときなど、動画とともに役立ててくださると嬉しいです。

今日は私がご紹介している「ひとりごと英会話」では必須の表現。「〜しよっ」「〜しなきゃ」です。

「〜しよう」の表現

基本の型と英語フレーズ

みなさんご存知かと思いますが、”gonna”は”going to”の口語的な表現です。

〜しよう
I’m gonna 〜

例文で見ていきましょう。

なにか食べよう
I’m gonna eat something.
その写真撮ろっと
I’m gonna take a picture of that.
夜ご飯を作りはじめよっと
I’m gonna start cooking dinner.

日本語も同じように使うことあると思いますが、文章から言葉を省略して短く言うことってありますよね。
例えば「私がやるね」と言うとき、”私が”を省略して「やるね」とだけ伝えたり。
これと同じようなことは英語でもあります。
ときどき”I”を省略して”Gonna take a bath.””Gonna leave the house.”と言ったりします。

「〜しなきゃ」の表現

基本の型と英語フレーズ

“gotta”は”have got to”の短縮形です。

参考:Cambridge Dictionary

〜しなきゃ
I gotta 〜

ひとりごと英会話フレーズ

片付けしなきゃ
I gotta clean up.
もう本当に起きなきゃ
I really gotta get up .
急がなきゃ
I gotta hurry.

“gonna”のときと同じように”gotta”も”I”を省略して”Gotta hit the road”(もう行かなきゃ)、”Gotta take the trash out.(ゴミ出さなきゃ)のように表現することもあります。

ルールに沿った表現でない場合もございますが、慣用的に使われているものはそのまま使わせて頂いております🙇‍♀️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA